プチプラのレディースファッションのデメリット

プチプラアイテムが活躍できるのは今シーズンのみ

安くてトレンドアイテムが手に入るプチプラファッション。誰もが一度は買い物をしたことがあるでしょう。パッと見てブランド品と差がないデザインのものを、はるかに安い価格で手に入れることができます。そんなプチプラファッションですが、そのプチプラ価格を実現するためには、安価な素材・生地が使われています。繰り返し着ているうちに、縫い目がほつれてきたり、あっという間に毛玉ができてしまった経験はありませんか?見た目はトレンドのデザインでも、触ってみると生地が薄い・裏地がない・ポケットがついていないなど、ブランド品との差がわかりやすいものです。

プチプラファッションは、今現在のトレンドアイテムを届けてくれる存在です。購入したアイテムが活躍できるのは、基本的には購入したシーズンのみ。翌年には素材・生地が劣化しており、デザイン的にも旬が過ぎてしまっています。アイテムの寿命が短いところがデメリットと言えるでしょう。

プチプラアイテムは他人と被りやすい

プチプラファッションは、同じものが大量生産されて売りに出されます。大手のプチプラファッションブランドであれば、全国各地に店舗を構えるに加えてオンラインストアも展開しており、誰もが購入しやすい環境にあります。その安さゆえ、同じものを2着以上購入したり、色違いで数着購入する人もいます。誰もが手にしやすいということは、他人と被りやすい傾向にあるということです。

世界に一つしかない一品ものでない限り、ファッションアイテムが被ることは仕方のないことです。しかし同じ職場や学校内で、何人もの人や特定の人とファッションアイテムが被るのは嫌だという方も多いですよね。プチプラファッションは旬のアイテムが安価で手に入る、つまり誰もが欲しくて手に入りやすいとものだいうことを忘れないでください。プチプラファッションを購入して身につけることは、ある程度は他人と被ることを許容することになります。